ぱねぇニュース(仮)

ぱねぇニュースを配信

記事一覧

レーザーでのミサイル迎撃システム開発へ、発射直後に迎撃

レーザーでのミサイル迎撃システム開発へ、発射直後に迎撃


防衛省が2018年度の概算予算要求にミサイルや迫撃砲弾、小型無人機の迎撃用に

高出力レーザーシステムの研究費87億円を算出した。


北朝鮮のミサイル度重なるミサイル発射を受けて

新システムの開発を計画しているもので

発射直後の弾道ミサイルや迫撃砲弾、小型飛行機等

低高度の飛行物に対して高出力レーザーを照射し

溶融無力化、破壊する。


弾道ミサイルが発射された直後の低高度ブースト段階の時点で

航空機や艦船、地上設備等から高出力レーザーを照射し

熱によって対象物を溶融、変形させる。


開発に成功すれば、様々な種類の弾道ミサイルや

飛行物にも応用可能な新技術だ。

また、迎撃ミサイルに比べると安価で様々な分野にも応用が可能。


制止力としての軍事技術がどうしても必要な時代なのでしょう。

50人で電車を傾け意識不明女性を救出、小田急線代々木上原駅

50人で電車を傾け意識不明女性を救出、小田急線代々木上原駅


2017年8月5日、小田急線代々木上原駅で33歳の女性が

突然意識を失い、駅のプラットホームから頭が電車側にはみ出した状態で

倒れたところに電車が入ってきて電車とホームに頭を挟まれた状態でいました。

その場に居合わせた乗客と駅員およそ50人全員が電車を傾けて

なんとか隙間を空けその女性を救おうと一斉に押しました。

同時に、電車に乗っていた乗客もホームとは反対側に集まることによって

電車とホームの間に隙間が出来、女性を引き揚げることに成功したとのことです。


女性は救出後、心臓マッサージを受け意識を無事取戻し

2週間の入院後無事退院したとのこと


渋谷消防署は、応急救護をおこなった

ホームに居合わせた小笠原弘美さんと

電車内にて居合わせた田中いちこさん

そして、その他の協力者代表として代々木上原駅に

感謝状を贈りました。


心があたたまるほっこりニュースでした。

タグ

北朝鮮ミサイル発射、襟裳岬東に落下か

北朝鮮ミサイル発射、襟裳岬東方に落下か


2017年8月29日 AM 5時57分頃

北朝鮮がミサイルを発射、ミサイルは3つに分離し

全てが襟裳岬の東、約1180km沖の太平洋上に落下した模様。


ミサイルは平壌の順安付近から発射され日本上空を横切った。

ミサイルの飛行距離は約2700km、最大高度550kmと推定され、

同日、AM 6時12分頃に襟裳岬東方、太平洋上に落下した。


新幹線等の運転見合わせも発生、

政府は発射直後、

全国瞬時警報システム"Jアラート"を使用して

北海道・東北などのミサイル進行方向の国民に避難情報を展開した。

有事に強い日本に、今後成長するきっかけにして欲しい。
カテゴリ
タグ
<< 2018年10月 >>
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31         
Copyright © ぱねぇニュース(仮) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます