原発力関係ニュースのカテゴリ記事一覧

ぱねぇニュースを配信

カテゴリ:原発力関係ニュース

福島第一原発から自家用車持ち出し、車190台が放射能汚染物質をばら撒き拡散

福島第一原発から自家用車持ち出し、車190台が放射能汚染物質をばら撒き拡散


東京電力の調査で2011年に発生した東日本大震災時の

東京電力福島第一原子力発電所事故で原発作業員らの自家用車

約190台が国の基準値を超える放射性物質を帯びた状態で

東電構内から外に持ち出され放射性物質が拡散していた事が分かった。

福島第一原子力発電所から外に移動した自家用車の台数

と成ると更に増えて500台にも及ぶ。


その内一部の車は敢えて作業員が使わず中古車として売られ

流通したものも有るという。


東京電力は今回の調査を受けて基準値を超える放射性物質を帯びた約190台については

全て回収し福島第一原子力発電所構内に移動し保管。

残る約300台については放射能汚染物質の量が基準値以下のため

回収は行っていない。

また、更に2台所在不明の自家用車も存在する。


流出原因は東電の認識不足、対応の遅さに有り

東日本大震災が発生した2011年3月11日~22日までの間は作業員の自家用車が

汚染有無にかかわらず

自由に出入りできる状態にあり、放射能検査もしていなかったという。


作業員の避難に必要だったとしても、

管理責任が有る東京電力のずさんな管理能力が垣間見れる。

原子力発電、原子力がこのような管理体制で今後も継続活用できるのか

疑問に思うのは私だけでしょうか?
タグ

ミュー粒子検査による核燃料の殆どが確認できず 福島第一3号機

ミュー粒子検査による核燃料の殆どが確認できず福島第一3号機


ミュー粒子と呼ばれる宇宙線を使用した透視検査を東京電力が

福島第一3号機で実施した。

ミュー粒子は核燃料等の高密度物質が有るとそこを通過する粒子数が減少する。

その性質を利用しての検査。

3号機原子炉圧力容器内には1メートル以上の大きさの高密度物質は確認できず

核燃料は圧力容器内には存在していないことが確認できた。

2号機では2016年に同様の検査を行い圧力容器の底付近に

高密度物質を確認できており

3号機は圧力容器を抜け更に下まで抜け落ちたと推測される。

核ごみマップ、経済産業省が2017年7月中にも最終処分場の適正度合いを記載したマップを作成の方針

核ごみマップ、経済産業省が2017年7月中にも最終処分場の適正度合いを記載したマップを作成の方針


2017年7月18日、世耕弘成経済産業相が

閣議終了後の記者会見で核のごみ最終処分場の適正度を

火山から15キロ以内

活断層の付近

鉱物資源が豊富

等の基準で判定した核ごみマップを作成する方針である事を発表した。

上記条件に当てはまる場合、不適切地域として適正特性を下げる。

地学・地理的条件のみを考慮して適正特性のランク付けをする為

今回は人口密度の高い地域等のおとなの事情は判定基準から除外される。



核ごみマップの発表後には候補地をメインに全国各地で説明会を開催する方針の様だ。



ただ、政府の方針で無理やり最終候補地をどこかの地域に押し付ける為の

強制力になりうる

核ごみマップを作成することが本当に正義なのか?

大きな疑問を感じてしまう。



そもそも、最終処分方法が決まってい無い

つまり本当に効率的な方法かも分からない

原子力、核というエネルギー元を国の方針として未だに推進している

現実がこの国の未来を少なからず反映している事を思うと

やるせない思いを抱かざるを得ないのは私だけでしょうか?


<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            
Copyright © ぱねぇニュース(仮) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます