サイバー攻撃にも「おとり」を早期ワクチン作成に期待


総務省は今後も増える事が予想されるサイバー攻撃対策として政府関係や

有名企業で使用されているシステムに似たシステムをおとりの餌として製作し

サイバー攻撃側のウイルスの攻撃パターン・感染経路等を観察、分析する方針だ。

日々、新たに生まれる攻撃方法のパターン特色を早期に解明することによって

サイバー攻撃に対する防御力を高める事が目的。


総務省が傘下の情報通信研究機構(NICT)が2018年度から

本格的にシステムの開発を行い、新対策の実現化を進める予定。


いたちごっこの様相だが完全な監視管理社会よりも

少しくらいのウイルスが有る方が個人的にはまだましだったりする。。。
タグ