レーザーでのミサイル迎撃システム開発へ、発射直後に迎撃


防衛省が2018年度の概算予算要求にミサイルや迫撃砲弾、小型無人機の迎撃用に

高出力レーザーシステムの研究費87億円を算出した。


北朝鮮のミサイル度重なるミサイル発射を受けて

新システムの開発を計画しているもので

発射直後の弾道ミサイルや迫撃砲弾、小型飛行機等

低高度の飛行物に対して高出力レーザーを照射し

溶融無力化、破壊する。


弾道ミサイルが発射された直後の低高度ブースト段階の時点で

航空機や艦船、地上設備等から高出力レーザーを照射し

熱によって対象物を溶融、変形させる。


開発に成功すれば、様々な種類の弾道ミサイルや

飛行物にも応用可能な新技術だ。

また、迎撃ミサイルに比べると安価で様々な分野にも応用が可能。


制止力としての軍事技術がどうしても必要な時代なのでしょう。

タグ