50人で電車を傾け意識不明女性を救出、小田急線代々木上原駅


2017年8月5日、小田急線代々木上原駅で33歳の女性が

突然意識を失い、駅のプラットホームから頭が電車側にはみ出した状態で

倒れたところに電車が入ってきて電車とホームに頭を挟まれた状態でいました。

その場に居合わせた乗客と駅員およそ50人全員が電車を傾けて

なんとか隙間を空けその女性を救おうと一斉に押しました。

同時に、電車に乗っていた乗客もホームとは反対側に集まることによって

電車とホームの間に隙間が出来、女性を引き揚げることに成功したとのことです。


女性は救出後、心臓マッサージを受け意識を無事取戻し

2週間の入院後無事退院したとのこと


渋谷消防署は、応急救護をおこなった

ホームに居合わせた小笠原弘美さんと

電車内にて居合わせた田中いちこさん

そして、その他の協力者代表として代々木上原駅に

感謝状を贈りました。


心があたたまるほっこりニュースでした。

タグ