2017年8月26日昼前 北朝鮮が3発の300ミリ多連装ロケット砲(改良型)を発射か


北朝鮮が2017年8月26日昼前

3発の飛翔体を発射した。3発の内1発はすぐに爆発。

残りの2発は北東方向へ約250kmの飛行が確認された。


韓国の大統領府の発表では

飛翔体は300ミリ多連装ロケット砲(改良型)と推定されている。


日本、韓国、アメリカ3ヵ国共に今回の飛翔体は3発

の何らかの飛翔体であり2発は250km飛行1発は失敗の点で見解は一致する。


アメリカの見解では飛翔体は小型ミサイル

韓国のそれは300ミリ多連装ロケット砲(改良型)と推察されている。


グアムへのミサイル発射は暫定的に回避されているが

引き続きアジア、韓国情勢は緊迫した状態が続いている。


カテゴリ
タグ