日本版GPS「みちびき」 4号機打ち上げ成功


三菱重工業と宇宙航空研究開発機構)JAXAが2017年10月10日に

種子島宇宙センターにて AM 7時1分ごろ H2Aロケット36号機を打ち上げた。

このロケットには日本版GPS測位衛星「みちびき」4号機を搭載

みちびき は、予定通りの軌道に乗り無事打ち上げは成功した。


日本のGPSは今までアメリカのGPSシステムに依存していたもので

みつびき4機が打ち上げ成功したことにより

今後、日本独自のGPSシステムによる運用に移行できることになる。

みちびきの1号機は2010年9月、

2号機は2017年6月、3号機は2017年8月、2023年を目標に計7基打ち上げる。

現状、4基になった みちびき で24時間交代で日本上空を交代で24時間

測量できる体制が整った。

政府は2018年初めにも みちびき を使った測量サービスを開始する予定で

アメリカのGPSシステムを補完、誤差を小さくする。

今回のみちびき によりGPSの精度は約10メートルの誤差から

一気に6センチメートルに高い精度に改善される。

この高精度の位置測量システムは今までできなかったことを可能にする。

現状ではスマホ等での位置確認システム、自動車の自動運転、ドローン等を利用した

物流システムに応用されれ今後更に様々なシステムサービスに利用される予定。


GPS測位衛星は世界中で開発が行われていて

全世界をカバーするには最低24基が必要だと言われている。

アメリカGPS衛星は31基、ロシアのグロナスが27基、

中国の北斗が20基、EUのガリレオが18基と

実は日本は遅れているのかもしれない。