ぱねぇニュース(仮)

ぱねぇニュースを配信

記事一覧

日本版GPS「みちびき」 4号機打ち上げ成功

日本版GPS「みちびき」 4号機打ち上げ成功


三菱重工業と宇宙航空研究開発機構)JAXAが2017年10月10日に

種子島宇宙センターにて AM 7時1分ごろ H2Aロケット36号機を打ち上げた。

このロケットには日本版GPS測位衛星「みちびき」4号機を搭載

みちびき は、予定通りの軌道に乗り無事打ち上げは成功した。


日本のGPSは今までアメリカのGPSシステムに依存していたもので

みつびき4機が打ち上げ成功したことにより

今後、日本独自のGPSシステムによる運用に移行できることになる。

みちびきの1号機は2010年9月、

2号機は2017年6月、3号機は2017年8月、2023年を目標に計7基打ち上げる。

現状、4基になった みちびき で24時間交代で日本上空を交代で24時間

測量できる体制が整った。

政府は2018年初めにも みちびき を使った測量サービスを開始する予定で

アメリカのGPSシステムを補完、誤差を小さくする。

今回のみちびき によりGPSの精度は約10メートルの誤差から

一気に6センチメートルに高い精度に改善される。

この高精度の位置測量システムは今までできなかったことを可能にする。

現状ではスマホ等での位置確認システム、自動車の自動運転、ドローン等を利用した

物流システムに応用されれ今後更に様々なシステムサービスに利用される予定。


GPS測位衛星は世界中で開発が行われていて

全世界をカバーするには最低24基が必要だと言われている。

アメリカGPS衛星は31基、ロシアのグロナスが27基、

中国の北斗が20基、EUのガリレオが18基と

実は日本は遅れているのかもしれない。


日産自動車、無資格検査で121万台リコール

日産自動車、無資格検査で121万台リコール


国土交通省による2017年9月18日の日産車体湘南工場(神奈川県平塚市)抜き打ち検査で

自動車の完成検査が無資格の補助検査員によって行われていたことが9月29日に分かった。

指摘事項について日産国内全工場ですでに対策済みだが

対策前の検査車両販売を一時停止しリコール(回収・無償修理)で

対応を行う必要があり

その数は21車種、121万台に及び売り上げ台数や収益

日産ブランドへの影響も懸念される。



コストダウンと品質、相容れない2つの要求を

同時に要求される民間企業

競争社会において少しの不正は必要悪なのでしょうか??


大相撲2017年秋場所 3横綱が欠場

大相撲2017年秋場所 3横綱揃って欠場


2017年 9月10日に初日を迎える 大相撲秋場所で、

現在横綱の地位にある 白鵬、稀勢の里、鶴竜が休場することが

9月9日横綱審議員会の北村正任委員長への囲み取材で分かった。
3横綱の欠場は昭和以降初めて

委員長は

大変困ったことだなと思っている。やむを得ないが、さみしいこと 

休んだことが意味があるように、きちっと治して再起してほしい

と語った。

しばらくは進退を問う等の状況に発展させず静観の方針の様だ。


強く尊敬される横綱と言うブランドを守る為に

休場する白鵬、稀勢の里、鶴竜は早い回復を期待すると共に

残る横綱 日馬富士に秋場所をぜひ盛り上げてほ欲しい。


<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            
Copyright © ぱねぇニュース(仮) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます